プラトニックな愛を保つ!既婚者も恋愛で癒される?

当ページのリンクには広告が含まれています。
プラトニックな愛を保つ!既婚者も恋愛で癒される?

既婚者だけど、恋愛がしたい!そう思うのは当然のこと。

恋愛は、多くの人々にとって喜びと幸せの源です。

そして、恋愛には多くの形があります。文化や社会の価値観によって、恋愛のあり方は大きく変わってきます。

そこで今回の記事では、既婚者の恋愛に焦点を当て、プラトニックな愛について考えてみたいと思います。

既婚者って恋愛しちゃダメなんじゃ……そう思ってモヤモヤしている場合は、ぜひ参考にしてみてください!

目次

プラトニックな恋愛とは?

プラトニックな恋愛とは?

そもそもプラトニックな恋愛とは、恋人関係になることはなく、純粋に友情や愛情を育むことを指します。

つまり、恋愛というよりも、より親密な関係になるといったほうがいいかもしれません。

親密はなるものの、愛情を育むということがポイントになるため、いわゆる本物の恋人のような体の関係はありません。

既婚者がプラトニックな恋愛を持つことは、一般的には浮気ではないため、モラル的にも問題がないとされます。

(ただしもちろん、あなたのパートナーが浮気だと思えば浮気になるので、そこは注意が必要です!)

既婚者がプラトニックな恋愛をするメリット

既婚者がプラトニックな恋愛をするメリット

既婚者がプラトニックな恋愛関係を持つことには、多くのメリットがあります。

  • 既婚者が自分の幸せを確認できる
  • 家庭内に足りない愛情を補うことができる
  • 新しい経験をすることで、自分の居場所を見つけることができる
  • プラトニックな恋愛関係を通して、より多くの人との交流を深めることができる
  • 既婚者が自分自身を尊重しているという自信を持つことができる

などなど……。

もっとも大きなメリットとしては、プラトニックな関係があることで、既婚者のモヤモヤや孤独感が軽減され、結婚生活がより充実したものになる可能性があります。

どこか虚しさを感じる孤独感……とでも言うのでしょうか。

そういった、モヤモヤした寂しさから解放されるわけです。

また、プラトニックな関係にある相手は、既婚者にとって理解者となり、悩みや不安を共有できる相手になるかもしれません。

プラトニックな関係にある相手は、既婚者にとって、心の拠り所となることができるのです。

プラトニックな恋愛が既婚者を癒す心理的側面

プラトニックな恋愛が既婚者を癒す心理的側面

既婚者が持つプラトニックな恋愛関係のメリットをもう少し掘り下げると、まず挙げられるのは心理的な効果です。

プラトニックな恋愛をすることで、既婚者の心に余裕が生まれ、ストレスや焦りなどの負の感情を和らげることができます。

また、プラトニックな関係にある相手との会話や交流が、既婚者の脳内物質の分泌を促し、幸福感をもたらすこともあります。

特に、結婚生活が長くなり、夫婦関係にマンネリが訪れた場合……。

プラトニックな恋愛によって、新たな気持ちを取り戻すことができます。

さらに言えば、同じ趣味や興味を持つ人とプラトニックな関係を築くことで、結婚生活がより充実したものになるかもしれません。

あなたがもし既婚者で、ストレスだらけの結婚生活を送っているならば、こういった効果はより期待できるかもしれませんね!

プラトニックな恋愛の注意点

プラトニックな恋愛の注意点

ただし、体の関係がないプラトニックな恋愛の中でも、注意点があります。

場合によっては、既婚者であることが問題となるケースも。

例えば、プラトニックな関係だと思っている相手が既婚者であっても、恋人関係を望まれることがあります。

恋人のような関係だと思っていたのが、「本当に恋人になりたい」と言われてしまう場合です。

このような場合、相手との関係が危険な状態になってしまうこともあるため、注意が必要です。

また、プラトニックな関係があることを、配偶者に秘密にすることで信頼関係を失う原因となります。

夫とか妻からしてみたら、プラトニックだろうが何だろうが、他人との恋愛は恋愛。理解のある配偶者でなければ、感情的になってしまい、大きな問題に発展する可能性もなくはありません。

プラトニックな恋愛を持つ際には、周囲への配慮をぜったいに怠らず、自分自身でも感情をコントロールすることが必要です。

プラトニックな恋愛関係なら、手をつなぐのはアリ?

プラトニックな恋愛関係なら、手をつなぐのはアリ?

あなたがもし既婚者であれば、

  • 「既婚者がプラトニックな恋愛関係を持っているとき、デート中に手をつなぐのはOKか?」

なんて疑問が浮かんでくるかもしれません。

正直なところ、この疑問に対する答えは、一概には言えません。

プラトニックな恋愛でデート中に手をつなぐのはOKかどうかは、その関係性によって大きく異なります。

プラトニックな関係なので、関係における権利と義務(アリなことと、ナシなこと)を含めて、お互いが望んでいることを明確にしておくことが大切です。関係性を明確にしておけば、お互いが何ができるのか、何をしてはいけないのかがハッキリしますよね。

また、既婚者がプラトニックな恋愛関係を持っている場合、手をつなぐのは、状況によっても大きく異なります。

例えば、友人のように互いを思いやる関係ならば、手をつなぐのはOKかもしれません。しかし、別れた恋人みたいに未練がましくなってしまうようなら、お互いに慎重になる必要があります。

結局のところは、お互いの了解があるかどうかにかかっているわけです。

相手との関係を明確にして、あなた自身と相手の両方が満足しているかどうかを確認してから、慎重に行動してみてください。

既婚者がプラトニックな恋愛をするためのステップ

既婚者がプラトニックな恋愛をするためのステップ

既婚者がプラトニックな恋愛を持つためには、以下のような流れを参考にしてみてください。

  • 結婚している事実を認識し、婚姻関係を尊重する
  • 相手を見つける
  • 適切な情報共有を行う
  • すべての行動に対して責任を負う

それぞれ、詳しく見ていきましょう!

Step 1 : 結婚している事実を認識し、婚姻関係を尊重する

まずは、今の夫婦関係における状況を詳しく把握しましょう。

自分の結婚している事実を認識し、その状況を尊重することです。そのためには、自分が既婚者であることを認識し、その事実を受け入れる必要があります。

既婚者である以上、婚姻関係の事実を尊重することはとても重要です。

あなたのパートナーを守るためにも、プラトニックな関係を持つ前に自分の気持ちを把握し、そして状況を慎重に考えみてください。

Step 2 : 相手を見つける

それでもプラトニックな恋愛がしたい!と心が決まったら、相手を探しましょう。

すでに決まった相手がいない場合は、自分の好みに合う相手を見つけてください。

ここでは、自分の価値観や考え方、生活習慣などを受け入れられる相手を探すのがポイントです。

また、自分と同じくプラトニックな恋愛を望む相手がいるかどうかも確認しておく必要がありますね。

マッチングアプリなどを使えば、同じような関係を望んでいる相手も、見つかりやすくなりますよ!

Step 3 : 適切な情報共有を行う

相手が見つかったら、情報共有は忘れないようにしてください。

プラトニックな恋愛をする場合、相手との関係を深めるためには、お互いの状況をわかっておくことが大切です。

そのためには、相手に対して自分の本当の気持ちを打ち明けること。

また、相手からの話を聞き、相手の話を理解し、自分の状況を話し合うことも大事になってきます。

Step 4 : すべての行動に対して責任を負う

そして、実際に恋愛が始まったら、すべての行動に対して責任を負ってください。

先にお伝えした注意点なども含め、自分の行動が相手や家族に与える影響を考慮しつつ、行動する必要があります。

お互いの事情を考えて、どこでデートするのか、どこまで内緒にするのか、手はつないでいいのかなどを決めて、あなたの責任で行動しましょう。

そうすることで、お互いが気持ちよく、プラトニックな恋愛が楽しめるはずです!

まとめ

ということで今回は、既婚者がプラトニックな恋愛をすることについて、そのメリットや注意点などをお伝えしました!

既婚者がプラトニックな恋愛をすることは、モラル的には問題とされない場合があります。

プラトニックな関係があることで、既婚者のストレスや孤独感が軽減され、結婚生活がより充実したものになるかもしれません。

しかし、注意点もあるため、自分をしっかり管理して、周囲への配慮も怠らないことが必要です。

あなたがもし既婚者で、プラトニックな恋愛をしたいのであれば、それぞれの事情や責任を考えたうえで、楽しんでみてください。

プラトニックな恋愛をすることで、より充実した人生を送ることができるといいですね!

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。今日もあなたの恋がうまくいきますように。

Written by

男性の視点から恋愛のモヤモヤを解決する、女性向け大人の恋愛応援メディアです。
記事はほとんどの場合で男性ライターが執筆しています。
何歳になっても恋がしたいと願う女性の、さまざまな恋愛をサポートしていきます!

目次